事務所



お仕事コメント ○○さん。もっとまゆとお話しましょう♪

掃除はマメに…あら、髪の毛。○○さんのかな…うふふ♪

昨日もお仕事大変でしたよね。温かいコーヒー、淹れましょうか?

飾り付けを見ていると、今までのお仕事を思い出しますね…

今日は特別な日です…日記、何ページ埋まるかな。楽しみ…♪

この飾りは、文香さんが? 心を奪われるような、美しさですね…

飾りのお花、キレイですね。それに、香りも…うっとりしちゃいます

机の下にも、ちゃんと飾りを…輝子ちゃんたちも喜びますよね

コミュイベント ○○さんは今日、お仕事の予定ありませんよね。ちゃんとわかってますよ
パーフェクト
○○さんのことなら、まゆは何でも覚えてます。何かあったら、ぜひ頼ってください♪
グッド
まゆのお仕事の他にも、○○さんの予定はみんなチェックしてるんです♪
ノーマル ○○さん、最近はお仕事多かったですよね。今日はゆっくり、息抜きしましょうね…♪

コミュイベント お仕事がない日でも、事務所で過ごすのは好きなんです。だから、つい来ちゃいます…
パーフェクト
ここに来て、まゆの命が始まったんです…大げさな話なんかじゃないですよ、うふふ♪
グッド
○○さんがいる日もいない日も、あなたのことを感じられますから…
ノーマル 最近は、文香さんにオススメの本を読ませてもらったり。たとえば切ない恋物語、とか…

コミュイベント ○○さんの机のお掃除してます。いつでも気持ちよく、お仕事できるように…
パーフェクト
机でお仕事してる、○○さんのこと…まゆはいつだって、見守ってるんですよ…うふ♪
グッド
○○さんの椅子は、特に念入りにお掃除しますよ…だって、温もりを感じますから…
ノーマル あら、隙間からキノコ。輝子ちゃんのおトモダチですね…そっとしておいてあげましょう♪

Sコミュイベント 今日は少し、冷えますね…○○さんも、気をつけてください。体は大切ですから…
パーフェクト
次は手編みのセーター、プレゼントしようかな。サイズはわかってるから、あとは…お揃いもいいかも…
グッド
まゆは、○○さんといるだけで暖かくなるから、平気ですよ。でも、気遣いは嬉しいな…
ノーマル 事務所の中なら、平気? でもこのあと、外に出る用事があるかもしれませんよ…♪

Sコミュイベント ○○さんが今何を考えてるか、まゆが当ててみせましょうか
パーフェクト
まゆとたくさんお話したいって思ってくれてる…でしょう? そのお願い、叶えてあげます♪
グッド
今日は特別な日。○○さんが期待してる、今以上のこと…、間違ってませんよ。ふふっ♪
ノーマル 貴方はいつだって、まゆのことを考えてくれてる。そうですよね? ○○さん…

Sコミュイベント いつも思うんです。一日中、○○さんと一緒にいられたらいいのにって
パーフェクト
今日は、それが叶う予感があります。まゆと一緒にお出かけして、お喋りする…そんな未来♪
グッド
○○さんは、夢をカタチにしてくれる人。だから言葉にして、お願いするんです…うふふ♪
ノーマル 身も心も○○さんとひとつになったら、この願いも叶うのかな…

エピソードコミュイベント
[1/5]
まゆ「色とりどりの花が、こんなにたくさん♪造花じゃなくて、生花なんですね。香りもよくて……うっとりしちゃいます♪」

文香「……プロデューサーさんは、花に関する造詣も? 確かに、アイドルを飾るためには、欠かせないものですからね。」

[2/5]
まゆ「素敵です……♪そんなプロデューサーさんだから、まゆたちのことも、花みたいに綺麗にできるんしょうね……。」

輝子「花の他にも、色々……みんなが好きなこと、ちゃんとわかってくれてる。プロデューサーの気遣いは、すごいな……。」

[3/5]
文香「……植物の育て方が多種多様なように、我々アイドルの育て方も様々。そういうことなのでしょう。」

まゆ「普段から、ずっと……プロデューサーさんは、まゆたちのことを、とってもとっても大切に思ってくれているんですね。」

[4/5]
輝子「き、今日もこうして、私たちのお願いを聞いてくれた。一緒に事務所で、ゆっくりできるのも……嬉しい気遣いだな。」

まゆ「うふふ……♪こうしてお喋りできるのも、プロデューサーさんの優しさのおかげ。本当に、ありがとうございます♪」

[5/5]
まゆ「だから、改めて……お願いします、プロデューサーさん。これからも……まゆたちのことを、見ていてくださいね?」

エピソードコミュ結果
エクセレント
まゆ「まゆが一番欲しい、プロデューサーさんの言葉も……たとえ声にならなくても、まゆにはちゃんと届きますから♪」

ノーマル
まゆ「プロデューサーさんの気持ちに応えて、花のように咲き誇るまゆの姿を、お見せしますからね……♪」



街を散策



お仕事コメント あれが、文香さんのオススメの本屋さん? ふふ、行ってみましょうか

風が、少し強く…○○さん、寒くないですか?

…このまま時が止まってしまえばいいのに…

今日は晴れてよかったですね。雨のお散歩も、好きですけど…♪

以前に、お仕事で通った道ですね。○○さんと一緒に…

…あ、すみません、黙ってしまって…幸せ、噛み締めていました

○○さんの隣を歩くの、好きなんです…

輝子ちゃん、カワイイです。十分にオシャレできてると思いますよ

コミュイベント 葉っぱもだいぶ散ってますね。この季節の風景は、少し物悲しくなります…
パーフェクト
でも、まゆの心はいつだって花盛り…だって○○さんが、ここにいますから♪
グッド
みんな、いずれ終わってしまう…まゆにとっての永遠は、○○さんだけ…
ノーマル 輝子ちゃん、何を探してるんですか? …落ち葉の下にキノコは、生えてないと思いますけど…

コミュイベント 去りゆく秋風に耳を澄ませば、もう冬の足音が…季節の移ろいを感じるひとときですね
パーフェクト
それぞれの季節に、○○さんとの想い出があって…だからまゆは、どの季節も好きです
グッド
少し詩的な表現、文香さんに教わりました。○○さんへの想いを、もっと届けたくて
ノーマル ○○さんのスーツは、冬でも暖かいんですか? …まゆも着てみたいな…

コミュイベント 読者モデルだったころ、ここで撮影のお仕事をしたっけ…懐かしいです…
パーフェクト
今のまゆは、○○さんのアイドル…ふたりだけの撮影会なんて、どうでしょう? うふふ♪
グッド
あの頃のお仕事が、遠い昔に感じます。○○さんとの想い出が、あまりに多すぎて…
ノーマル 読者モデルの経験は、○○さんと出会うステージまでのステップだった…今はそう思います

Sコミュイベント ○○さんの手、キレイ…少しの間だけ、手を握ってもいいですか?
パーフェクト
アイドルの立場…今だけは、忘れさせて。たとえそれが罪でも、今日だけのワガママですから…
グッド
まゆのお願いを聞いてくれるの、嬉しいです。もっと深くまで、触れたくなっちゃう…
ノーマル えい♪返事はいりません。○○さんなら許してくれるって、知ってますから♪

Sコミュイベント こうして歩いていると…不意に、音も光も消えてしまう…そんな一瞬があるんです
パーフェクト
○○さんしか見えない、あなたの声しか聞こえない、一瞬…でも、幸せ…
グッド
まるで、○○さんに魔法をかけられたみたい。まゆもそんな魔法が、使えたらいいな…
ノーマル ○○さんと過ごす今が、幸せすぎて…他のすべてが、色褪せてしまいます…

Sコミュイベント まゆと過ごした、今までの時間…○○さんにとっては、どうでしたか?
パーフェクト
特別な日も、こうしてまゆの隣に…これが○○さんの答えでしょうか。うふふ♪
グッド
まゆの幸せが、○○さんの幸せ…だから、まゆもプロデューサーさんも、幸せでしたよね?
ノーマル いつだって一生懸命に、プロデュースしてくれて…まゆは嬉しくて、少し切なかった、かな…

エピソードコミュイベント
[1/5]
まゆ「読者モデルだったころは、街を歩きながら、街ゆく人々のファッションをよく見てました。季節の変わり目は、特に……。」

輝子「す、すごいな、私にはよくわからない世界……。プロデューサーは、わかるのか? ……いつもスーツだけど……。」

[2/5]
まゆ「うふふ♪ いつものスーツでも、ちょっとした小物や足元で、お洒落に気を遣っていますよ。ね、プロデューサーさん♪」

文香「……みなさんの中でも特に、まゆさんは……プロデューサーさんの些細な仕草などを、しっかり意識していますね。」

[3/5]
まゆ「意識しているというよりは……自然と目が向いちゃうんです。プロデューサーさんのことを、いつも考えてるから……。」

まゆ「プロデューサーさんも、まゆの視線を感じてます? それなら嬉しいです♪まゆの心を、受け止めてくれるんですね♪」

[4/5]
輝子「私たちを、いつも大事に世話してくれる、プロデューサー……おかげでみんな、ニコニコしてるもんな。フヒヒ……!」

文香「その姿勢を、言葉にするなら……博愛、でしょうか。プロデューサーさんのその心に皆さん感謝しています。」

[5/5]
まゆ「……ふふ、そうですね。だからこそ、プロデューサーさんのためにがんばりたいって……変わりたいって、思うんです。」

エピソードコミュ結果
エクセレント
まゆ「他の人なんて気にならない……プロデューサーさんばかり見てしまいます。もっともっと、気持ちを確かめたくて……♪」

ノーマル
まゆ「アイドルになって、求められることも増えて……でも、応えられてますよね? 全部、プロデューサーさんのためですから♪」



ホームパーティー・昼



お仕事コメントまゆのお料理も、近いうちにまた、作ってあげますね…うふふ♪

○○さんのスーツ姿、いつもよりもかっこよく見えます…

○○さんと二人きりになるのは、まだ難しいかな…

他の人が大勢いても…まゆは、ちゃんと…傍に、いますよ…ふぅ

みんなからのありがとうの言葉も、聞いてあげてくださいね?

○○さんの喜びが、まゆの喜び…だから、嬉しいです

唯ちゃんも周りのみんなも、あんなにはしゃいで…楽しそう

卯月ちゃんも、お料理上手ですね。勉強させてもらおうかな…

コミュイベント お料理、美味しいですね。お料理得意な子たちが、時間をかけて用意したんですよ
パーフェクト
まゆも、今よりお料理上手くなって…○○さんのために、三食用意してあげたいの…
グッド
ロールキャベツ、卯月ちゃんの特製だそうです。まゆももっと、がんばらなきゃ…うふふ
ノーマル …人の心をトリコにできるキノコとか、ないのかな…。あとで輝子ちゃんに聞いてみよう…

コミュイベント 素敵なパーティー…○○さんも、思う存分、楽しんでくださいね?
パーフェクト
今はみんな一緒に、楽しみましょう。その分あとでたっぷり、二人きりの時間を…うふふ♪
グッド
でも、羽目を外したりしちゃダメですよ。○○さんのこと、きちんと見ていますからね
ノーマル まゆは大丈夫です。どこにいても、○○さんを見失ったりしませんから

コミュイベント ここでパーティーの準備をする役と、○○さんを連れ出す役、どちらをやるか迷ったんです
パーフェクト
まゆとのお喋りで、○○さんにもいっぱい喜んでもらえて…正解でした♪
グッド
連れ出す方でよかったです。○○さんを待ってたら、気持ちが抑えられなくなりそう…
ノーマル でもまゆがお料理したら、○○さんのためだけのメニューになっちゃいますからね…

Sコミュイベント まゆのパーティードレス、どうですか? ○○さんのために、選びました…
パーフェクト
アイドルの衣装ではないけれど、だからこそ見てほしいんです。まゆ自身の姿、心を…♪
グッド
○○さんの隣に立つ人として、相応しいように…そんな想いを込めました…
ノーマル 薄手だから、ちょっと寒いくらい…? って、唯ちゃん? 窓を開けたらさすがに寒いですよ

Sコミュイベント ステキなハウススタジオ…優しくて、のどかな空気が流れて、心が穏やかになります
パーフェクト
こんなお家で、大好きな人と暮らせたら…遠い夢でも、捨てきることはできないのかな…
グッド
そして今は、みんなの笑い声で満ちてます。うふふ、○○さんも楽しいですか?
ノーマル 窓辺には、暖かな陽だまりもあります…あら、文香さん。休憩中ですか? なら一緒に…

Sコミュイベント ○○さんの、今までのプロデュースに、感謝を伝える…それが、このパーティーの目的です
パーフェクト
だから今日のまゆは、身も心も○○さんのためのモノ。お望み通りに、振舞います♪
グッド
改めて…○○さん、ありがとうございます。うふふ。こんな風にお礼を言うの、新鮮です
ノーマル 今日はお仕事を忘れて、みんなの気持ちを受け止めてあげてくださいね

エピソードコミュイベント
[1/5]
まゆ「このホームパーティーは、プロデューサーさんのためのもの……キレイな飾りも、たくさんのご馳走も、みんなそうです♪」

まゆ「でも、プロデューサーさんと出会ってから今までに、まゆたちがもらったものに比べたら……これでも足りないかも♪」

[2/5]
文香「……いつでも私たちを支え、願いを聞き届けてくれる……魔法使いのような方です。その出会いもまた、奇跡のようなもの。」

唯「ゆいも、プロデューサーちゃんと会わなかったら……こんな面白い毎日、知らなかったかもね~♪会えてよかった☆」

[3/5]
まゆ「……プロデューサーさんとの出会いは、必然だったと……運命の糸に導かれた結果だって、まゆは思います。」

まゆ「それでも……運命の糸を手繰り寄せてくれた、プロデューサーさんの手の感触は、はっきり感じていますよ♪」

[4/5]
卯月「プロデューサーさんがいたから、アイドルになれて、そして今がある……本当に、感謝してもしきれませんね。」

輝子「そうだな。今日のパーティーだけじゃない……これからもずっと、ありがとうの気持ちは忘れないぞ……フヒヒ。」

[5/5]
まゆ「ふふっ♪だから……プロデューサーさんへの贈り物は、今日のパーティーだけじゃないんですよ。わかりますか……?」

エピソードコミュ結果
エクセレント
まゆ「明日も、明後日も、その先も……そこにいるまゆの全てが、プロデューサーさんのもの♪ちゃんと受け止めてくださいね♪」

ノーマル
まゆ「ステージでまゆたちが見せる輝きも、プロデューサーさんのためのものです♪これからも、プロデュースしてくださいね。」



ホームパーティー・夜



お仕事コメント 今この瞬間に、感じたものすべてを…まゆの中で、永遠に…

…まだクラッカーが鳴ってる。唯ちゃん、いくつ用意したんでしょう?

小さな、小さな庭…まるで、二人だけの世界みたい…♪

○○さんが、まゆだけを見てくれてる…幸せ…

特別な日に交わす、言葉…まゆ、期待しても、いいですか?

夜色のまゆも、○○さんに見てほしいです…

お料理で、体が温まりました。卯月ちゃんには、お礼しないと…

○○さんと過ごす夜…何より特別な時間…うふっ♪

コミュイベント ○○さんとの時間…こうしてゆっくり過ごせて、本当に嬉しいです
パーフェクト
○○さんとの想い出は、どんなにあっても足りません。それがまゆの、すべてですから
グッド
…むしろ、このまま抜け出して、二人の夜を…なんて。冗談ですよ、うふふ…♪
ノーマル 昼間だって、ずっとお喋りしてた? …でも今日のまゆは、欲張りですから。もっと、楽しませて…

コミュイベント …○○さんの目、やっぱりキレイ…こんなに近くにいると、目を離せなくなっちゃう…
パーフェクト
誰かを見つめる瞳は、美しい…? ならまゆの目も、○○さんみたいに輝いていますか?
グッド
こんなに輝いている目だから、まゆたちのことも、輝かせられるんですね…まるで魔法みたい…
ノーマル …もう、目をそらさないでください…照れてる顔も、ステキですけどね。うふふ♪

コミュイベント もうすぐ冬が来ます…夜の風も、冷たくなりましたね。でもまゆは、寒くないです
パーフェクト
○○さんの隣なら、鼓動が高鳴って…寒さも気になりません。ほら、触ってみて…
グッド
パーティーの雰囲気を味わううちに、体も熱くなって…もうしばらく、ここで涼んでいましょう
ノーマル …我慢しているわけじゃ、ありません。○○さんと二人で過ごしたい、それだけです

Sコミュイベント 今夜は特別な夜…まゆが伝えたいのは、感謝の言葉だけじゃないんですよ
パーフェクト
声にして、確かめたいんです。まゆは誰よりも、○○さんを大切に思っている、と…
グッド
誰よりも長く、○○さんと一緒にいさせて、って…もう叶えてもらいましたね、うふふ
ノーマル でも、いざ声に出そうとすると…ちょっと、緊張しちゃいます。少しだけ、時間をください…

Sコミュイベント どんなに時が経っても、○○さんへの想いは、色褪せるどころか強まってしまって…
パーフェクト
運命が二人を巡り合わせ、そして隔てている…そんな絆でも、まゆは受け入れますから…
グッド
こんなにも、まゆの心を惹きつけて…○○さんも、罪な人なのかもしれませんね♪
ノーマル 秘密の日記帳…また新しいの、買わなきゃ。この間、新調したばかりなのに…

Sコミュイベント 今までのことに感謝したら、次はこれからの話、でしょうか? 二人の未来の話…
パーフェクト
変わっていく日々と、変わらない○○さんへの想い。重ねてこそ、意味がありますね…
グッド
○○さんならきっと、もっとステキな未来をまゆに見せてくれる…そう信じています♪
ノーマル もちろん、決まっていますよ。まゆはずっと、ずーっと…○○さんと一緒ですから

Sコミュイベント パーティーはもう、お開きみたいですね。夢のような時間も、もうすぐ終わりでしょうか…
パーフェクト
夜が明けたら、覚める夢…もう少しだけ、浸らせてください。○○さんの隣で…
グッド
でも、素敵な想い出ができました。○○さんも、ずっと覚えていてくださいね
ノーマル …部屋の中、だいぶ散らかってしまってます。一緒に片付けましょうね

Sコミュイベント まゆは○○さんのアイドルで…そして、ひとりの女の子でもあります…
パーフェクト
ひとりの女の子として、抱く想い、願い…今はそれを、大事にしたいんです。そう、今だけは…
グッド
アイドルだからこそ、隣にいられます。まゆはずっと、傍に寄り添い続けますからね…
ノーマル その間で揺れる心…それを繋ぎ止めてくれるのもまた、○○さんなんですよ

エピソードコミュイベント
[1/5]
まゆ「今日は、プロデューサーさんとの約束がたくさん増えて……日記の残りページが、どんどん減ってしまいそう♪」

まゆ「……日記の中身は、プロデューサーさんにも秘密です。でも……素敵な想い出が詰まっている、とだけ♪うふふっ。」

[2/5]
文香「特別な記念日、でしたからね。たやすく忘れることのない出来事ですが……私も、しっかりと書き留めておくつもりです。」

輝子「うん……。色々あった……朝から、みんなや親友とお喋りして、散歩して……日記にすると、親友がいっぱいになる……。」

[3/5]
まゆ「プロデューサーさんのために頑張ってサプライズを準備して、反応を楽しみにしていましたからね。当然のことですよ。」

まゆ「でも、それは……まゆにとっては、毎日がその連続なんです♪まゆの想い出は、みんなプロデューサーさんと一緒ですから。」

[4/5]
唯「一緒に楽しんだパーティもそろそろおしまいかー。ここまでくれば、パーティー大成功☆って言っていい感じだよねっ☆」

卯月「はい、もちろんっ! 大きなハプニングもありませんでしたし、プロデューサーさんへの恩返し、ちゃんと形にできました♪」

[5/5]
まゆ「……もうすぐパーティーは、終わり……。それならもうひとつ、まゆと約束しませんか? プロデューサーさん♪」

エピソードコミュ結果
エクセレント
まゆ「みんなの想いも……まゆの想いも、今日限りの夢じゃありません。これからの何気ない毎日でも、忘れないでいてください♪」

ノーマル
まゆ「いつかまた、今日みたいに楽しい日を過ごせるよう……次の一年も、まゆたちのことをよろしくお願いします。ふふっ♪」


おすすめ記事




おすすめ記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
おすすめ記事
最新コメント
人気記事
アイマス関連の新着記事