事務所



お仕事コメント 潜ってて、一番しっくりくるのは…○○の机…フヒ

キノコーキノコー♪アニバキノコー♪一年スクスク育ったキーノーコー♪

どうした、○○。そんなキョロキョロして…な、何もないぞ

今日はみんな…そわそわ、してるな。深い意味はないぞ、うん…

ちょっと、乾燥してるな…キノコたちにも、多めに霧吹き…ツヤツヤ…

まゆさんのしっとり感、いいな…キノコ育成の素質、あるのかも…

文香さんは、いつも静か…同じ、なにか、感じるかも…

音楽でも、かけようか…オススメのボッチナンバー、あるよ…フヒヒ

コミュイベント この事務所は、いつも快適だな…ボッチを忘れられる、みんなのパラダイス。トモダチも喜んでるぞ
パーフェクト
○○は、この楽園のリーダー。キノコ的には、マツタケポジションかな? フヒ、美味しそう…
グッド
ファンシーな話も、ゴートゥーヘルな話も、語れる仲間がいるんだ。おかげで毎日楽しい、フヒヒ…
ノーマル 快適すぎて、キノコもどんどん増える…むしろ増えすぎ? そのうち事務所が、キノコ園になるかも…

コミュイベント 今日は何か…いいことが、ありそうだぞ。○○も、そんな気がしないか…?
パーフェクト
○○も、わかるか? 何か期待してるの、私にも伝わってくる…楽しさパンデミック、フヒ!
グッド
外もいい天気…散歩にはちょうどいい、とか。もし出かけるなら、私も一緒に…なんてな、フヒヒ
ノーマル だって、今日は…いや、直接言うのは、やめておこう。今の私は、空気が読めるんだ。フフフ…!

コミュイベント これ? …オフィス用品のカタログ、読んでたんだ。いい机がいっぱいだな。目移りする…
パーフェクト
机の下は、トモダチいっぱい増殖中…たまには○○も、味わうといい。今すぐでもいいぞ…
グッド
新しい机とか、どうかな…? これ、居心地よさそう…まゆさんも、気に入ったみたいだぞ
ノーマル でも今の季節は、湿気が足りなくなるんだ…○○の机の下に、加湿器置いていい?

Sコミュイベント ○○。今日はシイタケクンから、メッセージがあるんだ。聞いてくれ
パーフェクト
プロデューサー! 今日はショーコチャンと一緒に、オデカケしよう! …というわけで、楽しみにしててくれ…フヒ!
グッド
プロデューサー、オハヨウ! 今日もガンバローネ! …ほら、○○にも懐いてるんだぞ。撫でてあげてね
ノーマル カワイイキノコ、オイシイキノコ、どっちもヨロシクネー! …キノコは、健気に生きている…みんなありがとう…

Sコミュイベント 私は、ジメジメした空気が好き…でも最近は、ジメジメ以外だっていけるぞ
パーフェクト
○○の隣は、いい環境だ。カラッと晴れてても、親友と一緒なら、うるおいを感じるんだ
グッド
アイドル仲間とワイワイガヤガヤも、いい…私もちょっとだけ、リア充の仲間入りしてる? …フヒッ、フヒヒヒヒ!
ノーマル そう、ヌメヌメ。キノコの友達、プールにびっしり生えた藻のみんなみたいな、ヌメヌメ。事務所にも欲しいな

Sコミュイベント 事務所にいると、今までのことを思い出すな。私の想い出、聞いてくれるか?
パーフェクト
私のアイディアを、○○が使ってくれた…激しいLIVEは、友情の証。フヒ、ちょっと照れるな…
グッド
○○はいつも、私が欲しいモノをくれた…。私を知り尽くしてるショーコ図鑑かもな、フフッ
ノーマル ○○の名刺、まだとってある。水に浸けて、キノコ生やそうかと思ったけど…やめたよ…

エピソードコミュイベント
[1/5]
輝子「思えば親友・プロデューサーとも、長い付き合いになった……今日は特に、そう感じる。親友も、同じだと嬉しい……フヒ。」

文香「……私たちそれぞれが、プロデューサーさんとの関係を築いていますね。輝子さんは、少しユニークなようですが。」

[2/5]
まゆ「机の下も、いいですよね。プロデューサーさんの温もりを感じますし。私たちの気持ちも、プロデューサーさんに……うふ♪」

輝子「そうだな。プロデューサーも歓迎してくれてる……私たちにとっての、ユートピア。トモダチも喜んでるんだ……フヒヒ。」

[3/5]
文香「……空想の楽園を、現実に……そんな理想を叶えられるのも、プロデューサーさんならでは、ですね。」

まゆ「はい♪だから、感謝の気持ちを込めた編み物も、はかどっちゃいます。机の下は暗いから、ちょっと大変ですけど……。」

[4/5]
輝子「確かに、そうかも……でも、明るすぎはダメだ。薄暗い感じは……捨てたくないな。何かいいアイディア、ないか……?」

文香「……そういえば、書物で見た覚えがあります。キノコの中には、暗いところで光る珍しい種類もあるとか。ご存知ですか?」

[5/5]
輝子「おぉ……その手があった。闇に光るヤコウタケだな。机の下にびっしり植えれば、きっと明るくなるぞ……フヒヒッ!」

エピソードコミュ結果
エクセレント
輝子「親友とのキノコライフ……も、もっと楽しくしたいんだ。そのために、いつも全力……親友も、よろしく頼む。……フヒ。」

ノーマル
輝子「さすがにそれはダメ? 机がファンタスティックになりすぎる、か……残念。プラン練り直し、だな……が、がんばろう。」






街を散策



お仕事コメント ○○は、こういう空気も平気か? …見習わなきゃな…

な、なんか、見られてる? 私がボッチだから…き、気のせいか?

リア充ムードは、まだキツイ…でも○○がいれば、何とか…

まゆさん、オシャレな空気に溶け込んでる。さすが元モデル、眩しい…

想い出話に、胞子を咲かせよう…このトークなら、イケる。フヒヒ…

この先には人気のカフェが…イヤな予感がする、回り道して行こう

うぅ…この雰囲気は、ちょっと…ムズムズするな。でもガマン…

…文香さんも、ちょっと緊張してる? フフフ、仲間だな…

コミュイベント 豆知識ならぬ、キノコ知識。世界で一番大きい生き物が何か、○○は知ってるか?
パーフェクト
そう、世界一大きい生き物は、キノコ。私と○○の友情も、負けないくらいに育てたいな…
グッド
正解はキノコ。森を覆うくらいに広がる、キノコなんだ…世界一のキノコ、すごいだろう。ドヤァ…
ノーマル クジラ…確かに普通はそう思う、でも違うんだ。フヒヒ、まだ甘いな、○○…

コミュイベント うぅ…や、やっぱり、落ち着かないな。ほら、私は…こんなオシャレな街だと、浮いてるし…
パーフェクト
私の服装、変じゃないか? …え、似合ってる? そ、それならいい…ちょっと落ち着く、かも。フヒッ…
グッド
文香さんは、落ち着いてる…? なら、私も見習おう。本の虫…キノコ…虫、キノコ…冬虫夏草?
ノーマル ヒィ…変な汗が出てきた。いったん離れよう…ジメジメはいいけど、湿気が多すぎるのはよくない…

コミュイベント カフェ、レストラン…この街は、リア充用の店ばかりだ…さっきから、アウェー感がすごいぞ…
パーフェクト
風除け、頼む。私は○○の陰に、ひっそりと隠れるから…は、離れないで、お願いだ…
グッド
オシャレなイタリアン料理…あ、でもキノコパスタはいいな。リア充オーラを、キノコ分が中和してくれる。オススメだぞ
ノーマル 深呼吸してると、だんだんヒャッハーしたくなるけど…今日は、ガマン。そう決めたんだ…

Sコミュイベント 今まで○○と、楽しいお仕事、たくさんやったな…たまに、変なお仕事も…あるけど
パーフェクト
これも私のイメージって、○○が思うなら、がんばる。どんな料理にも合う、キノコみたいに…
グッド
みんなのお仕事も見て、いろいろ勉強してるんだ…ヒャッハーのお手本は、なかなかないけどな…
ノーマル たまに来る、ヒャッハーNGでファンシーなお仕事…ちゃんとできてるか、まだちょっと…不安かも…

Sコミュイベント 実は、今日は…○○を、華麗にエスコートしたいって…考えてたんだ。やっぱ…ハードル高いな
パーフェクト
いつもの○○を、お手本にして…でも、難しい。もっとじっくり、観察しないと…じー…
グッド
でも…思う。エスコートしたい…なんて、思ったこと自体…成長だぞ。私も、スクスク伸びてる…フヒ!
ノーマル 今日はダメでも、いつかリベンジさせてくれ…できたら、その…キノコの森とか、もっとホームな場所で…

Sコミュイベント 私は…一生ボッチのままだと、思ってた…でも、そんなことは…ないんだな…
パーフェクト
アイドル仲間も、親友の○○もいるし…ボッチの心は、ずっと忘れないけどね…フヒヒッ
グッド
ステージには…ボッチ仲間たちが、集まってきてくれる。一緒にヒャッハーすれば、もうボッチじゃない…
ノーマル 私の心は…いつもキノコと、一緒だ。今も…キノコの胞子が、私の周りに舞っている…気がする

エピソードコミュイベント
[1/5]
輝子「……こ、この街の、リア充オーラに……私の心が、悲鳴を上げている。成長したって、思ってたけど……まだ早かった……。」

まゆ「輝子ちゃん、大丈夫ですか? プロデューサーさんも心配しています……あそこにカフェがありますし、休憩しましょうか?」

[2/5]
輝子「あ、あそこはマズイ……明らかに、私にとどめを刺しに来ている。ほら見ろ、わざわざカップルが窓際の席に……ヒアァ!」

文香「……プロデューサーさん、よろしければもう少し傍に寄っていただけますか? 輝子さんを、守ってさしあげないと……。」

[3/5]
輝子「すまない、親友……私は、甘かったのかもしれない……その、アニバーサリー、だからさ……気が大きくなって……うぅ…。」

輝子「慰めてくれるのか? 嬉しいな……やっぱり親友は、すごい。ちょっと、気分も楽になったよ……フ、フヒヒ。」

[4/5]
文香「私も、社交性はあまりないので……輝子さんの気持ちは、少し理解できます。プロデューサーさんの優しさも、また同じく。」

まゆ「輝子ちゃんは、健気な子ですから。プロデューサーさんが応援したくなるのは、当然かもしれません。……ですよね?」

[5/5]
輝子「プロデューサーの、応援……そうだな、しっかり届いているぞ。昔の私よりも、ずっと……今の私は、急成長中……。」

エピソードコミュ結果
エクセレント
輝子「い、今は無理でも、いつかきっと……リア充の壁を克服して、親友と一緒に、街を歩こう。約束、だからな……フヒヒ!」

ノーマル
輝子「……でも、チャレンジはほどほどに、だな。その辺りの調節は……やっぱり親友に、任せよう。フヒ。」






ホームパーティー・昼



お仕事コメント 文香さんの隣も、落ち着く…よし、一緒にキノコの絵本を読もう…

ゆ、唯さん…これが私の限界だ。これ以上デコったら、あぁ…!

まゆさん、料理ありがとう。実はお腹空いてた、ナイス気配りだな…

お祭りのリーダーは、卯月さんなんだ。あとでお礼を言おう…

ヒャァ!! お待ちかねの、パーリィータイムだァ!! …いや、落ち着こう

○○はやっぱり、人気者だな…親友として、嬉しいぞ

みんなが集まって、すごい熱気…外の寒さが、ウソみたいだな…

疲れたら、テーブルの下で休むんだ。トモダチと一緒に、フヒ…

コミュイベント みんなで計画した、パーティーなんだぞ。主賓の○○に、みんなでありがとうを、言うんだ…
パーフェクト
○○も、感謝してくれるのか。大親友の絆が強くなったな。フヒ、にやけちゃう…フヒヒッ!
グッド
アイドルの私たちを、プロデュースしてくれる…私からも、その、ありがとう。何だか照れるな、フヒ…
ノーマル ○○も、スーツが決まっててカッコイイぞ。パーティーのおめかし…いや、いつもだったな

コミュイベント これだけたくさん…仲間が、集まった…さすがの、アニバーサリーパーティーだな
パーフェクト
昔の私なら…間違いなく即失神。でも今の私は、楽しいって思える…○○のおかげだな
グッド
私にとっても、アイドル仲間。みんな菌糸で繋がった、コロニーみたいに…フヒヒ、白い糸が見えてきたァ!!
ノーマル アミガサタケならぬ、アニバサタケ…あ、これいいな。みんなにも、聞かせてこよう…フヒヒ!

コミュイベント フヒヒ…みんなが集まる日は、キノコ仲間をさらに増殖させるチャンス…さっそく動くぞ
パーフェクト
でも、どんなにキノコ仲間が増えても…一番の大親友は、別格なんだ。フヒヒ、言っちゃった…!
グッド
文香さんにも、キノコ図鑑を勧めてみよう…ひっそりしっとりキノコライフ、きっと気に入ってくれる…
ノーマル …卯月さんのキノコ料理、美味しいな…キノコ愛がないと、これは作れないぞ…実は仲間だった…?

Sコミュイベント …あ、あまりジロジロ見るな。このドレスは、私のセンスじゃないぞ。これ着なよって、渡されて…あうぅ
パーフェクト
…私が、カワイイ…? まゆさんや唯さんも、そう言ってた…親友も言うなら、本当にそうなのか…?
グッド
い、イヤじゃないけど…私なんかには、過ぎてるというか、その…恐れ多くて…鼓動が早まる…
ノーマル 肌を出すのは…LIVEのテンションじゃないと、厳しい…でも今は、自粛しなきゃ…うぅ、キツイ…

Sコミュイベント こんなに賑やかに、みんなでワイワイ騒いで…まだちょっと、ドキドキするな
パーフェクト
一緒に、静かな場所へ? …いや、今はみんなで騒ぐ時間。でも夜になったら、親友同士の時間…フヒ
グッド
でも…刺激があるくらいの方が、キノコだってよく育つんだ…私も同じ気持ちで、スクスク…
ノーマル 人混みは、まだ少しニガテだ…でもここは、知ってる人ばっか…だから、平気。フヒ…

Sコミュイベント 今日は○○が、フェイスペイントしてみるか…? 私みたいに、新しい自分が見えるかも…
パーフェクト
…ヒャハッ、いいぞ…オマエも本能さらけ出せ! …マズイ。似合いすぎて、私もヒャッハーしたくなる。消そう…
グッド
…○○に、お化粧してるみたいな…変な気分だ…な、なんか恥ずかしいな。消そう…
ノーマル …あれ? メイクっていうより、殴られた痕みたいになっちゃった。誰かに怒られる前に、消そう…

エピソードコミュイベント
[1/5]
輝子「プ、プロデューサー……料理、食べてるか? エリンギにシメジ……キノコたちも待ってるぞ。遠慮せず、フヒヒ……!」

卯月「パーティー用の食材集めに、輝子ちゃんも協力してくれました。おかげで豪華なパーティーになりましたね♪」

[2/5]
まゆ「輝子ちゃんが厳選してくれた、素晴らしいキノコですからね。とても美味しい料理になるって、まゆも知ってます……。」

輝子「フヒ、照れるな……プロデューサーも、聞こえるだろう? 食べてもらえて、嬉しい……って、キノコの声。」

[3/5]
唯「香ばしくて、歯ごたえもよくて、おいし~……でも、かわいいキノコを食べちゃうのって、輝子ちゃん的にはいいんだっけ?」

輝子「いいよ。美味しいキノコ料理は、食べる。トモダチのキノコは、食べないけど……食べる用のキノコは、別だからな……。」

[4/5]
輝子「でも、キノコへの愛は忘れない。美味しくなってくれて、アリガトウ……プロデューサーも、忘れちゃダメ……フヒ。」

文香「……ただ愛でるだけではない、輝子さんのキノコ愛……その深みある種の悟りに至っているのでは、とも。」

[5/5]
輝子「フヒ……今の私は、キノコアイドルだからな。親友みたいに、キノコをステキにプロデュース……そんな気持ち、かな。」

エピソードコミュ結果
エクセレント
輝子「だから、プロデューサー……今度は一緒に、キノコを育てよう。私と大親友の、友情の結晶を、形に……フヒヒッ!」

ノーマル
輝子「というわけで、みんなも食べよう。キノコはヘルシー、食物繊維たっぷり……アイドルにはピッタリ、だな。フヒ……!」






ホームパーティー・夜



お仕事コメント 唯さん、夜も元気…夜行性かな? いや、昼も元気だったな…

卯月さんたちの手料理、美味しかった…キノコたちも、本望だな

月の光より、ツキヨタケ…ボンヤリした緑の光が好き、フヒ…

お祭りの楽しさも、お祭りのあとの寂しさも、今はわかる…

アミガサタケに、リボンを付けて、アニバサタケ…! どうだ、カワイイだろう…

○○とこんなに話せて、私も大満足…フヒ!

○○、肩に糸くずがついてるぞ…違った、菌糸だコレ

夜は、私の時間…いや、私と親友の時間だな。ミッドナイトキノコ…フヒヒ!

コミュイベント ○○…その、もう少しだけ…近くに行って、いいか…?
パーフェクト
ドレス、肩出しだからちょっと寒い…でもまだここで、お喋りしていたい…私、ワガママだな。フヒヒ…
グッド
○○の隣は、安心する…騒ぎすぎて、ちょっと疲れた心も…モリモリ元気になるぞ
ノーマル …こんな時間だし、疲れて寝てる小さい子も、いるみたい…ここは、ひそひそ声でいこう…

コミュイベント フヒ…夜は、いいな…暗くて、空気もひんやり…気持ちいい時間、私は大好きだぞ…
パーフェクト
こんな夜に、○○とお喋り…気持ちいい上に楽しいとか、最高だ…ヒャハッ!
グッド
暗くなっても、キノコは元気…私もこれから、テンション上げて…騒ぐのはまずいな。ほどほどに…
ノーマル まぁ、寒いのもダメだけどね…キノコの適温は、15度から20度くらい。忘れないでくれ…

コミュイベント おぉ…見てくれ。庭のすみっこに、キノコが生えてる…私でなきゃ、気付かないぞ
パーフェクト
私は…○○に、見つけてもらえた。おかげで、アイドルやれてるんだ。運命、かな…フヒ
グッド
他の誰にも気づかれず、ひっそり…でも大丈夫。オマエの声は、私が代わりに叫ぶんだ…
ノーマル ツヤツヤしてる黄色い傘…キヌメリガサだな。こんなところに生えてるなんて、珍しい。がんばれよ…

Sコミュイベント 私は、これからも…アイドルでいたいんだ。だって…フヒヒ…アイドル、楽しいからな…
パーフェクト
もちろん…○○の、アイドルだぞ。ずっと、私のプロデューサー、親友でいてくれよ…フヒヒ
グッド
LIVEステージで叫ぶのは、気持ちいい…そんな私を待ってる、ファンもいる。フヒヒ、これ嬉しいな…
ノーマル キノコの寿命は、短いけど…私はまだまだ、長生きできる。アイドル活動、これからもがんばるぞ…

Sコミュイベント 私は、夢に見ていることがある…○○、聞いてくれるか?
パーフェクト
○○と一緒に、キノコ農園を開きたい。アイドルなら知名度抜群だし、きっと将来も安泰…フヒ
グッド
いつか新種のキノコを見つけて…私と○○の名前を、付けるんだ。フヒヒ、いいだろう…?
ノーマル 最近、頭にキノコが生える夢を、よく見る…現実でもそうなったら、楽しいな…え? 夢の話だろう?

Sコミュイベント こうして、話してると…○○との付き合いも…長くなったって、思う…
パーフェクト
こんなに友情感じるの、○○が、初めて…こ、こんな言い方、キモいかな。でも、本当だぞ…
グッド
おかげで、楽しい想い出…たくさんできてるぞ。毎日が、キノコ色…イェェァァア!! …あ、ごめん
ノーマル まだ付き合いを、続けたい…スエヒロタケみたいに、これからも末永くよろしく、フヒ…!

Sコミュイベント 次のお仕事も、楽しみだな…○○と一緒なら、もっとがんばれる…フヒヒ、そんな気分…
パーフェクト
親友、友情…いや、もっと上かな…信頼感、とか。こ、こんな風に言うと、恥ずかしいな。フヒ、フヒヒヒッ!
グッド
いっぱいがんばって…また今みたいに、ありがとうを言うんだ。大親友は、永遠だぞ…フヒヒ!
ノーマル 今日一日で、○○からも、たくさん養分もらえたからな…明日からまた…ニョキニョキできる

Sコミュイベント 今日のパーティーは、楽しかった…でも、そろそろお開き。ちょっと…寂しいな…
パーフェクト
でも、一番大事なのは…○○が、喜ぶこと。パーティー、すごく嬉しかった? なら私も同じ…
グッド
…もう少し、ここにいる? 私も…そうしたいって、思ってた。私たち…以心伝菌、かな? フヒヒ
ノーマル 毎日が、パーティーだったら…楽しいけど、きっと飽きちゃうな…特別だから、嬉しい…

エピソードコミュイベント
[1/5]
輝子「……秋というより、これはもう、冬の夜。私はわりと、平気だけど……草も木も、寒そうだな。ヒエヒエしてる……。」

輝子「知ってるか、親友。草は、冬に枯れちゃうけど……キノコは逆に冬にしか生えない種類も、あるんだ。スゴイだろう……!」

[2/5]
唯「輝子ちゃんも、すごいよね~♪どんなシチュエーションでも、ピッタリのキノコトークが出てくるの。ゆい感動するー☆」

まゆ「アイドルの良さを理解して、プロデュースしてくれているんですね。輝子ちゃんには、たくさん良いところがありますから。」

[3/5]
輝子「フヒ、フヒヒ……褒められると、照れる……。嬉しいけど……でも、プロデューサーが理解してくれたから、こそ…だな。」

輝子「……お世辞じゃないぞ、事実……みんなのスゴイところを、ちゃんとわかってくれて……アイドルの力に変えてくれるんだ。」

[4/5]
卯月「私もそう思います! 私たちそれぞれのいいところを、プロデューサーさんはいっぱい引き出してくれるんですっ♪」

文香「……愛らしく振舞うだけがアイドルの姿ではないと、プロデューサーさんが教えてくれたからこそ……私もまた、ここに。」

[5/5]
輝子「フフ……私たちと、プロデューサーなら……冬も怖くない。むしろ、どんな季節でも伸びていける……キノコみたいに!」

エピソードコミュ結果
エクセレント
輝子「寒さに負けず、のびのびできるのも……プロデューサーがいるから。それに……プロデューサーを信じてるからだぞ、フヒ!」

ノーマル
輝子「……キノコの話をしてたら、もっとキノコが食べたくなってきた……料理、まだ残ってるかな? 見に行く……?」


おすすめ記事




おすすめ記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
おすすめ記事
最新コメント
人気記事
アイマス関連の新着記事