アイドルLIVEロワイヤル 雨の日SP 7日目


ハイ・フィーリング

ハイ・フィーリング

APPEAR 藍子「雨の日は、近所のカフェまでお散歩して…あとはゆっくり…」

頼子「美術書を読んだり、ギャラリーカフェで寛ぐのも…いいですよね…」
LIVEバトル 藍子「静かな曲をかけたいな…」

久美子「じゃあ、ショパンはどうかしら」
WIN 藍子「久美子さんは、雨の日は…やっぱりピアノを楽しむんですか?」

久美子「こういう日は、静かな曲を弾くの。雨に…溶けていく感じで…」
DRAW 久美子「雨だからこそ…じっくりと自分に向き合えることもあるわよね」

頼子「絵画と向き合うように…久美子さんも音に向き合うのですね」
LOSE 藍子「ギャラリーカフェ…素敵ですね♪ 今度、みんなで行ってみたいです」

頼子「では、次の雨の日に…。きっと気に入ってくださるかと…」


サマーソング・ロワイヤル

サマーソング・ロワイヤル

APPEAR くるみ「う、うまくできないかもしれないけど、くるみ、がんばるねぇ…!」

飛鳥「キミもまた、歌うために遣わされた実存さ。手を取り合い、歩もう」
LIVEバトル くるみ「雨の日の歌だよぉ…!」

洋子「歌声、降り注がせようっ♪」
WIN くるみ「雨の音がみんなの拍手みたい…くるみ、もっとがんばりゅ~…」

洋子「じゃあ、次は拍手の雨を降らせないとね! さぁ、涙をふいてっ」
DRAW 洋子「くるみちゃんの笑顔を見ていると、胸があったかくなるんだ!」

飛鳥「キミの笑顔も、彼女の心を温めている…そう、互恵はセカイの真実さ」
LOSE くるみ「歌えたねぇ! ふぇぇ、飛鳥しゃん、ありがとぉ…うれしいよぅ~」

飛鳥「…嬉しくとも、人は涙を流す。それは、ボクのココロに降る慈雨、か…」


越後小町

越後小町

APPEAR 椿「『梅雨来たりなば、稲遠からじ』。新潟では田植えの時期ですね」

早苗「美味しいお米を作るため、恵みの雨が降るってことね~!」
LIVEバトル 椿「田植えの風景…いいですよね」

早苗「あたしらの原風景ねっ♪」
WIN 椿「こう雨が続くと、撮影にもなかなか出られませんよね…」

早苗「まあまあ、焦らないでいきましょ。稲はじっくり育てないとね!」
DRAW 早苗「米どころは酒どころ! 椿ちゃんもオトナになったら飲みましょ♪」

椿「はい、ぜひ♪その日を楽しみに…今は全力でLIVEですっ!」
LOSE 椿「田園風景を撮りに、久しぶりに里帰りでもしようかなぁ…」

早苗「たまには都会の喧騒から離れて、田舎でのんびり…名案ね!」







おすすめ記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
おすすめ記事
最新コメント
人気記事
アイマス関連の新着記事